必見!京都での注文住宅ならココ☆

TOP > 京都の注文住宅情報 > 京都で注文住宅を建てる時は業者の種類も検討しよう

京都で注文住宅を建てる時は業者の種類も検討しよう

中庭を設けたり屋上にドッグランを用意するなど、京都で家を建てる場合でも、注文住宅なら自由なアイデアで希望の住まいを建築できます。
とはいえ、どの業者に頼んでも同じ家が建てられる訳ではありませんから、施工業者を的確に選ぶことが肝心です。
例えば、施工業者ごとで可能な建築工法が違ったり、得意な設計コンセプトが違うことなどもその理由です。
特にハウスメーカーは独自仕様の建材や建築規格を用意していることが多いため、自分が描いている住まいと発想が近い会社を選ぶことがポイントです。
京都にも数々の業者が集っていますから、比較サイトを活用して、ピンッとくる最適な依頼先を探してください。
また、ハウスメーカーや工務店、あるいは設計事務所など、種別によっても強みが異なりますので、それぞれの特色を押さえた上で選ぶのがベストです。


ハウスメーカーは収納力に優れる家や、子育てや共働きの世帯に最適な住まいなど、長年の研究成果を基に優れた家を提案してくれます。
耐震関連でも実験や検証が進められていることが多く、地震に強い家を建てたい時にも頼れるパートナーになります。
ただし建築工事は下請け会社が担当する傾向があり、コスト的には高めになります。
その点、工務店は概ね一貫施工となっているため、京都で予算を抑えて注文住宅を建てたい時は、注目しておきたい業者です。
しかし、なかには下請け会社を擁する工務店もあるかもしれませんので、その点は留意しておきましょう。
建築では規模の違いからハウスメーカーと比較して可能工法が限定される場合があります。
ですが、初回の受付からアフタサポートに至るまで、社長自らがずっと担当してくれるケースもあるなど、客との距離が近いのも工務店の魅力と言えるでしょう。


一方、設計事務所はハウスメーカーや工務店と違い、設計だけを担当し、基本的に施工は行いません。
そのぶん注文住宅のプランニングでは最も柔軟性に富んだ業者となっており、細部に渡って希望通りの家を建てやすくなっています。
設計事務所は他業種のような規格化されたプランの組み合わせではなく、ゼロからのオーダーメイド設計のため、家の外観なども含めまして、細部まで拘った家作りができるのです。
そのため、ヒアリングを入念にしてくれる事務所を選ぶことも大切です。
建築期間中には設計通りに作業が進められているかなど、設計者の視点で監理を担当してくれることが多いのも設計事務所の魅力です。
このように注文住宅を頼める業種は三者三様ですから、イメージした理想の家を建てるにはどの業種へ依頼すれば良いか、その点も併せて考えておくのがおすすめです。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ