必見!京都での注文住宅ならココ☆

TOP > 京都の注文住宅情報 > 京都で注文住宅を建設するときはヒアリングを重視します

京都で注文住宅を建設するときはヒアリングを重視します

マイホームを建築することが大きな夢だと感じている人は多いかもしれませんが、京都で注文住宅を建設するときはヒアリングを重視するので、納得のいく住まいを形成することができます。
ヒアリングでは、どのような家を建てたいのかや理想像のことについて詳しく聞きます。
一度のヒアリングだけではなく、様々なコンセプトや希望を聞いてから建設をするので、施主とのコミュニケーションを大切にしながら、注文住宅を建てます。
デザイナーズ物件は、完全オリジナルを目指してオリジナリティー溢れる家づくりに貢献しているので、心地良くて贅沢な時間を過ごすことができます。
注文住宅はローコストで完成して、無駄な費用がかからないように最大限の努力をします。
削れる部分はコストを抑えることに力を入れるので、費用面も安心です。


プランニングや設計は京都の業者が一括で管理しています。
施工だけに限らず、メンテナンスに至るまで様々なサポートをしているので、必ず満足のいく物件が出来上がります。
また、注文住宅を建設中に電話などで強引な勧誘なども一切ないので、納得して契約を結ぶことができます。
スタッフは施主との縁を大切にしています。
営業なども一切ありませんし、理想のマイホーム作りに貢献するために全力で努力をしています。
建築相談をした後は、建築希望地を徹底的に調査して、建物以外にかかる造形や解体などの費用も算出するので、料金体系で分かりやすいところもすぐに解消することができて、スムーズに住宅を建設することができます。
どのようなかたちで家づくりが進んでいくのか、具体的な説明もあって、説得力があります。


打ち合わせをするときは、建築相談やヒアリングの内容を照らし合わせて、理想のマイホームのイメージを広げていきます。
イメージを共有するときは、常に一級建築士と施主との間で納得をしてから建設をするので、慌てる必要はありません。
ファーストプランとしては、CGで作成した外観図や平面図などを用いて詳しく説明します。
ファーストプランを参考にしたら、更に施主と話し合って要望をまとめてセカンドプランに繋げていきます。
セカンドプランではファーストプランの修正点を加味してから、再度、見積もり書を作成します。
納得できるまで何度でも計画を練り直すことができますし、変更があれば、サービス内容をもう一度見直すことができます。
理想な住まいを形成するためには、パーツを一つ一つに決めていくので、工程にも気を配っています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ