必見!京都での注文住宅ならココ☆

TOP > 京都の注文住宅情報 > 快適さを追求する京都ならではの注文住宅の工務店

快適さを追求する京都ならではの注文住宅の工務店

長い歴史を誇る京都では、長い木造建築の歴史から進化し続けている注文住宅もあります。
伝統的な木造軸組み工法を発展させたパッシブハウスです。
構造体は、しっかりとした耐震性能を計算して備えています。
柱と梁の構造で、建物全体を支えています。
そのうえで快適さを追求して、パッシブハウスに仕上げています。
パッシブハウスは、受動的な性格です。
自分から積極的に、何かを仕掛けていくのではなく、むしろ現在すでに目の前にある自然なものを取り込んで、快適さを追求していく住まいです。
基本的に冬は暖かく、夏は涼しくなるのをコンセプトとしていますが、エアコンや暖房に頼り過ぎないのがポイントです。
現実的に、エアコンを設置していたとしても、滅多に稼働させる必要がないくらいに冬は室内空間が温暖で、夏は自然な心地良さとして冷涼です。


注文住宅のセールスポイント、自然素材の天然無垢材です。
柱と梁の構造体は、頑丈に仕上がります。
構造体以外の資材は自由に選べることから、家族やペットにとって有害とならない成分で断熱材を施工する方法も可能です。
断熱材も自然素材が基本ですが、さまざまな種類があります。
パッシブハウスの注文住宅は、セラミック素材にも注目しています。
保温性能が向上するからです。
どのような素材を選ぶ場合でも、施主が工務店の担当者と話し合いながら決められるので、納得いくまで疑問点を質問できます。
パッシブハウスは究極の断熱システムであると理解しても良いので、エコとしての魅力も備わっています。
電気代が節約され、電気や灯油のストーブを設置する必要がなくなります。
冬の暖房は、暖房機器によっては火の元注意の要素があります。
高齢者世代との同居も、パッシブハウスは魅力的です。


京都は長屋の建築も多く、間口が狭くて奥行きが長い設計もあります。
注文住宅の工務店は、新築だけでなくリフォームにも対応してくれる場合があります。
長屋のリフォームで培われた技術は、新築のパッシブハウスにも応用できます。
限定されている環境の中で、いかにして自然光を屋内に取り入れるかなど、長屋でのリフォーム術を反映させやすいからです。
直射日光が当たらない環境下でも、天窓の採用や吹き抜け空間の演出によって、採光性を高められます。
採光性の基本は自然光です。
パッシブハウスは屋内の快適な熱を屋外に逃がしにくくなるように工夫されています。
京都の冬は寒冷な気候に見舞われますが、暖房機器に頼らなくても断熱性で屋内を暖かくできれば、光熱費を気にせずに快適に過ごせます。
注文住宅は伝統的であると同時に、新進気鋭のアイデアも積極的に取り入れています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ