必見!京都での注文住宅ならココ☆

TOP > 京都の注文住宅情報 > 自然な風合いを活かして京都で長く暮らせる注文住宅

自然な風合いを活かして京都で長く暮らせる注文住宅

日本の気候と風土は、高温多湿の傾向が強いので、木造建築の一戸建ては設計だけでなく素材も重要になります。
設計では風通しを良くする配慮や、太陽光と反射光を含めて自然光の採光性への配慮が問われます。
風通しと採光性が良ければ、それだけ木造建築の一戸建ては長持ちしやすいからです。
古くから栄えている京都は、夏の高温対策も重要です。
エアコンを搭載させるだけでなく、自然な風通しを心掛けて設計しておくと、エアコンの電気代を節約できて、建物の保護効果にもなります。
京都府は北部山間地域で林業が発展していることもあり、天然無垢材を入手しやすい地理的なメリットもあります。
良質な天然無垢材を、輸送コストを抑制して入手できるので、住宅建築コストに軽減効果が得られます。
少しでも価格を抑制したい場合は、天然無垢材の産地にも注目します。


天然無垢材を使用して木造建築の一戸建てを新築するのは、注文住宅の工務店です。
建売分譲住宅は建材と資材のすべてが統一されていますが、注文住宅ならば施主の希望を反映させられます。
工務店ならではのアドバイスも見逃せません。
京都で地域密着型で営業している工務店であれば、その土地に合った建材と資材を推測できます。
湿度が過剰になりやすい地域もあるからです。
もともと畑であった土地は、乾燥気味なので地盤が強いケースが多いのですが、田園地帯であった場合は粘土質の土地で湿気が過剰気味で乾燥しにくく、液状化の可能性も秘めています。
土地の改良工事も手配してくれるのが注文住宅の強みです。
土地の改良工事のポイントは、耐震性にも良い影響となる強度と、湿気対策にも通じる排水性です。
地中に砕石を機械で投入して調整できます。


木造建築の一戸建ての耐用年数は、およそ30年と言われているのですが、注文住宅で建築された一戸建ては30年を越えても長持ちし続けられる要素があります。
価格以上の価値があると指摘される根拠になっていて、定期メンテナンスで経年劣化を早期発見できるのがポイントです。
傷んだ箇所は、早めに処置する方針だからです。
損傷に至ってしまうまえに処置できると、工事が小規模で抑えられるので、工事の日程時間と費用の両方で節約できます。
工務店は定期的に外観診断も行ってくれます。
不在時でも屋根と外壁は診断できるので、約束の時間に在宅していなければならない義務がありません。
もちろん心配なことや、自然災害などによる亀裂や損傷が疑われるときは、すぐに連絡できるので安心です。
長い付き合いのできる工務店は、注文住宅の一戸建てを長持ちさせるコツを備えています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ